ソーシャルワークにおけるニーズ

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

PA170012_convert_20141021235749.jpg


ソーシャルワークにおけるニーズについて、ご紹介します。

ソーシャルワークとは
・クライエントのニーズが充足できない場合に、社会資源との調整を図り、クライエントの社会生活機能や新しい社会資源を作り出す能力を高めるように支援すること

ソーシャルワークの目的とは
・クライエントのニーズを解決もしくは緩和し、さらに社会生活機能を増大させること

そのためには、人と環境との相互関連性への視点を再確認し、ニーズを導き出すことが重要

社会的目標を達成するために不可欠な要素
1.食、住、健康といった肉体上の福祉
2.情緒的、知的な成長の機会
3.他者との関係
4.精神的なニーズへの対応


ソーシャルワークのニーズの特徴
1.社会生活を続けていく上で必要と考えられるものを充足する
2.充足において社会が責任を負う
3.これを把握することが援助過程の出発点となる


ソーシャルワークにおいて、クライエントが社会生活をしていく上で解決すべきニーズは二重構造となっており、第一を社会生活ニーズ第二をサービスニーズと呼ぶ

社会生活ニーズ
・人々が社会生活を送る上で解決すべき課題

サービスニーズ
・保健、医療、福祉ニーズ


具体的には、高齢者、ひとり暮らし高齢者、障害者、児童といった対象者別に捉えられるニーズに、所得保障サービス、雇用サービス、保健・医療サービス、教育サービス、住宅サービス等に対するニーズが含まれる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.10.26 04:40 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページソーシャルワークソーシャルワークにおけるニーズ












管理者にだけ表示