ソーシャルワーカーの役割(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG3682_convert_20141027100205.jpg

引き続き、ソーシャルワーカーの役割について、ご紹介します。

ソーシャルワークの業務を、助言的役割、資源管理的役割、教育的役割の3つに分類した場合の役割
1.助言的役割
・ミクロソーシャルワーカー:「力を添える者」
→クライエントが問題を見つけるように力づける
・メゾソーシャルワーカー:「促進者」
→組織の発展を推進する
・マクロソーシャルワーカー:「計画者」
→調査や計画を介して制度や製作の発展を調整する

2.資源管理的役割
・ミクロソーシャルワーカー:「仲介者/弁護者」
→ケースマネジメントで、クライエントと資源を結びつける
・メゾソーシャルワーカー:「招集者/媒介者」
→資源開発や集団・団体のネットワークのために人々を集める
・マクロソーシャルワーカー:「運動家」
→ソーシャルアクションで社会的な変化を進め、支えていく

3.教育的役割
・ミクロソーシャルワーカー:「教育者」
→情報の加工を促進し、教育的な制度を提供する
・メゾソーシャルワーカー:「研修者」
→職員の開発のために教育する
・マクロソーシャルワーカー:「社会に出向く者」
→地域社会での教育を介して、社会的な課題やソーシャルサービスについての情報を伝える
※ミクロ、メゾ、マクロレベルでは、それぞれクライエントが異なるため、ソーシャルワーカーは異なった役割を果たす


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.10.29 07:35 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページソーシャルワークソーシャルワーカーの役割(2)












管理者にだけ表示