社会福祉法人に対する規制と優遇措置

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0292_convert_20141030173929.jpg


社会福祉法人に対する規制と優遇措置について、ご紹介します。

社会福祉法人に対する規制
1.事業を廃止した際の残余財産は、社会福祉法人、その他の社会福祉事業を行う者または国庫に帰属する。事業を実施するために供された財産はその法人の所有となり、持ち分は認められない

2.資産運用、組織経営のあり方に一定の要件がある

3.収益事業からの収益は社会福祉事業または一部の公益事業のみに充当する

4.法令、法令に基づく処分、定款への違反、またはその運営が著しく適性を欠く場合には、所轄庁による措置命令、業務停止命令、役員解散勧告、解散命令を受ける

5.2011(平成23)年の介護保険法改正により、介護サービス事業者における労働法規の遵守が徹底され、事業所指定の欠格要件や取消要件に労働基準法等違反者が追加された

社会福祉法人に対する優遇措置
1.社会福祉法人に対する施設整備に対し、一定額が補助される

2.法人税、都道府県民税、市町村民税、事業税は、原則非課税と優遇措置が講じられている
※固定資産税は、社会福祉事業の用に供する固定資産税については非課税

3.社会福祉法人の経営する社会福祉施設の職員等を対象とした退職手当共済制度が設けられている

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.11.01 05:03 | 社会福祉法人 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉法人社会福祉法人に対する規制と優遇措置












管理者にだけ表示