地域包括支援センターの機能強化

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0127_convert_20141113093421.jpg


地域包括支援センターの機能強化について、ご紹介します。

地域包括支援センターとは
・2006(平成18)年に、介護保険制度改正時に新設された機関である
・市町村が直接運営するものと、地域内の法人に運営されるものとがある
・2012年04月現在、全国に7072ヶ所が設置されている

現在の地域包括支援センターの役割
1.総合相談・支援事業
→介護保険制度に限定されない生活相談全般
2.虐待防止・早期発見、権利擁護事業
→高齢者虐待の発見や対応、財産管理等に関する権利擁護
3.介護予防マネジメント事業
→軽度者のケアマネジメントを実施
4.包括的継続的ケアマネジメント支援事業
→地域の介護支援専門員への支援や地域内の事業者の連携促進など

2015年度から強化される機能
1.人員体制の強化(職員の増員)
2.市町村は運営方針を明確に示す
3.直営等基幹的な役割を担うセンターと機能強化型のセンターを位置づけ、役割分担・連携を強化
4.地域包括支援センター運営協議会による、継続的な評価、点検を強化
5.各市町村の実体に応じた関与

→在宅医療介護連携事業
→生活支援コーディネーター業務
→認知症対応事業
→地域ケア会議
→包括的支援業務
→新しい総合事業の一般介護予防事業


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.11.17 08:21 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度地域包括支援センターの機能強化












管理者にだけ表示