介護予防・生活支援サービス事業とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0133_convert_20141120092518.jpg


介護予防・生活支援サービス事業について、ご紹介します。

2015(平成27)年度の介護保険制度改正で新設される「介護予防・生活支援サービス事業」は、2012(平成24)年の介護保険制度改正で創設された「介護予防・日常生活支援総合事業」をベースとするものである。
※この事業は任意のため、ほとんどの市町村は実施していない

介護保険制度における「予防給付」とは、すべてのサービスの種類・内容・人員基準・単価などは国が規定し、全国一律に実施されるものである。

一方、「介護予防・生活支援サービス事業」は、市町村の判断で実施するため、市町村によりサービスの内容や単価などが異なることになる。

そのため、財政や人材確保の状態などにより、市町村による事業格差が生じる恐れがある。

介護予防・生活支援サービス事業の対象者
1.要支援者1か2の認定を受けた者
2.介護予防・生活支援サービス事業対象者

→従来の2次予防事業対象者および市町村の定める基本チェックリストに該当する者

介護予防・生活支援サービス事業の例
・栄養改善を目的とした配食サービス
・生活の活性化と運動機能向上を目的とした外出支援
・宅配サービスによる買い物支援
・安否確認(傾聴ボランティアを含む)
・緊急時対応(新聞配達や宅配業者などとの連携)
・「高齢者カフェ」のような地域住民交流の場



↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.11.21 07:48 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度介護予防・生活支援サービス事業とは












管理者にだけ表示