「在宅生活の限界点」を高めるということ

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0129_convert_20141120092405.jpg


「在宅生活の限界点」を高めるということについて、ご紹介します。

2015(平成27)年度の介護保険制度改正では、「在宅生活の限界点」を高めるために、現行の在宅サービスが見直されます。

加齢や要介護度の悪化などにより、重度が進むとある時点で在宅生活を諦め、施設や病院での生活を選択することになります。最近では、この「ある時点」を「在宅生活の限界点」ととらえ、重度になっても在宅で生活ができるようなサービスや地域のあり方を問われるようになってきました。

今回の法改正では、この在宅生活の限界点を高めるため、以下に示す3つの方向性が挙げられています。
1.事業間の連携
→事業所単位だけでなく、同じ法人だけでなく、別の法人であっても同じ地域内の事業所間での連携を促進し、幅広いサービス提供を目指す
2.看護職員等の柔軟な配置
→介護・医療の分野を問わず不足している看護職員やリハビリテーション専門職を柔軟に配置できるよう、事業所間での連携体制を整える
3.生活支援サービスの拡充
・介護サービス事業者も生活支援サービスに積極的に取り組める体制を整える

在宅サービスを見直す背景
・高齢者単独世帯、高齢者夫婦のみの世帯が増加し、家族による介護が困難となり、施設入所希望者が増え続けるのに歯止めをかけるため


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.11.22 08:13 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度「在宅生活の限界点」を高めるということ












管理者にだけ表示