特別養護老人ホームの入所要件の厳格化

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0610_convert_20141127094435.jpg


特別養護老人ホームの入所要件の厳格化について、ご紹介します。

2015(平成27)年の制度改正では、特別養護老人ホームの入所要件が厳格化されます。

現在、全国に、約51万人分の施設が特別養護老人ホームに設置されており、ほぼ満床となっています。

2013年10月現在、入所を待っている、いわゆる特養待機者が約52万人いると言われています。

施設を増やすことは財政的に難しいため、今回の制度改正では、入所要件が要介護3・4・5の重度者に限られます。

現在、入所している方はそのまま利用でき、入所後に要介護度が改善した場合でも、引き続き利用が可能です。

介護度が軽度(要介護1・2)の者であっても、在宅で生活できない特別な事情がある場合、市町村の判断で、入所が認められることになります。

特別な事情とは
・知的障害、精神障害等を伴っている
・家族からの虐待を受けている
・認知症高齢者で常に見守りや介護を要する

などで、詳細は検討中

今後の特別養護老人ホームにおいては、医療ニーズや看取りケアへの対応が重視されます。

その対応のため、2015(平成27)年04月までに、夜間・緊急時における看護体制や医療サービスを提供する体制について検討され、一定の改正が予定されています。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.11.28 07:30 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度特別養護老人ホームの入所要件の厳格化












管理者にだけ表示