認知症介護の変革

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

認知症に対する介護は、介護保険制度が導入された影響もあり、ここ数年の間で大きく変化して来ました。

かつては、病気や症状からの認知症理解が中心で、「本人の意思や思い」は、ほとんど考慮されない介護が実践されていました。

そもそも、認知症とは、大人になって生じる知的機能の障がいです。

従って、認知症高齢者への介護とは、知的障がいによってひとりでは出来なくなったことをサポートすることに他なりません。

決して、介護者の都合を一方的に押し付けるものであってはならないのです。

今、起きている「認知症介護の変革」とは、認知症高齢者を、何もできなくなった病人、もしくは、手間ばかりかける厄介者と捉えるのではなく、不安や戸惑いを抱えながら、その人なりに懸命に生きようとするひとりの生活者として捉えることです。

そのためにも、認知症高齢者の生活を支援するには、その人、ひとりひとりを十分に理解することが必要とされます。

それは、身体的能力や日常生活動作の把握に留まらず、その方の生活習慣や考え方にまで共感して、理解する姿勢が介護者には求められます。

認知症介護の質とは、介護者、ひとりひとりの価値観であり、そこから導かれる態度です。

昔ながらの介護者都合を押し付けることは、認知症の方には、厄介で実りのないものに過ぎません。

介護者が、「学びと共感」の姿勢で認知症の方に接していけば、非常に実り多い仕事となります。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.04.23 07:35 | 認知症介護 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症介護認知症介護の変革












管理者にだけ表示