2014年診療報酬改定(3)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0003_convert_20141204070730.jpg


引き続き、2014年診療報酬改定について、ご紹介します。

介護保険によるリハビリテーションへの移行支援とは
・維持期の脳血管疾患等、運動器リハビリテーションを受けている入院患者以外の要介護被保険者等について、居宅介護支援事業所の介護支援専門員等との連携により、医療保険から介護保険のリハビリテーションに移行した場合の評価を行うもの
・算定要件
→入院患者以外の要介護被保険者等について、医療保険における維持期のリハビリテーションから介護保険のリハビリテーションに移行した場合に算定する

認知症患者に対するリハビリテーションの推進とは
・認知症治療病棟入院料を算定する患者または認知症疾患医療センターに入院する重度の認知症患者に対する短期の集中的な認知症リハビリテーションの評価を行うもの

胃瘻(いろう)造設術、胃瘻造設時嚥下機能評価加算とは
・胃瘻造設の手術料は大幅に減算された一方、胃瘻を造設する前に嚥下機能検査などを行い胃瘻の適応を判断するなどの取り組みを評価するもの
・経口摂取に向けたリハビリテーションの加算を手厚く

同一建物内での訪問診察料の減算の強化
・不適切な過剰診療を抑えるため、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの同じ建物のなかで複数の患者に訪問診療を行う場合、訪問診察料が減算される


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.12.05 04:58 | 医療保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療保険制度2014年診療報酬改定(3)












管理者にだけ表示