訪問介護、訪問看護サービスとは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0161_convert_20141205193710.jpg


訪問介護、訪問看護サービスについて、ご紹介します。

訪問介護とは
・訪問介護員(介護福祉士もしくは一定の研修を修了した有資格者)が利用者の自宅を訪問して介護を行うことで、以下の3種類がある
1.身体介護
→排泄、食事、更衣、入浴など身体に直接触れて行う介助
2.生活援助
→掃除、洗濯などの家事
3.通院など車の乗降介助
→訪問介護員の運転する車両で通院を行う際の乗降と移動(歩行)介助、受診手続き

訪問入浴介護とは
・自宅での入浴が困難な利用者宅へ車両などで訪問し、専用の簡易浴槽を持ち込んで行う入浴サービス
・訪問時に体調が悪く入浴が困難な場合、清拭や部分浴(手浴、足浴、陰部洗浄、洗髪など)に変更することもある
※通常、訪問介護員2人、看護職員1人の3人体制で実施

訪問看護とは
・看護師が訪問して、病状観察、処置、バイタルサイン測定、療養上の世話(清潔や排泄支援)、機能訓練などを行う
※利用に際しては、医師の指示が必要

訪問看護の事業所の種類
1.病院、診療所が訪問看護を実施
2.独立した訪問看護ステーション

訪問リハビリテーションとは
・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が訪問して、日常生活動作、家事などの手段的日常生活動作、言語や嚥下などに関する機能訓練を行う
※利用に際しては、医師の指示が必要


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2014.12.06 04:41 | 介護保険 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険訪問介護、訪問看護サービスとは












管理者にだけ表示