短期入所生活介護とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0195_convert_20141205193819.jpg


短期入所生活介護サービスについて、ご紹介します。

短期入所生活介護とは
・主として福祉施設で短期間の入所を行い、介護や日常生活上の世話、機能訓練を行うもの(ショートステイ)
・家族の介護負担の軽減や休養が主な目的だが、家族の急病や冠婚葬祭などによる一時的な介護困難にも活用できる
・利用者本人の機能改善、生活環境の安定や活性化も大切な目的

短期入所療養介護とは
・医療的依存度が高かったり、リハビリテーションを必要と利用者を対象にしたショートステイ
※実施事業者は、介護老人保健施設、病院、診療所などの医療機関
※職員配置は、それぞれの医療機関と同様、看護師が手厚く置かれ、医師も配置される


特定施設入居者生活介護とは
・民間施設や老人福祉施設のうち、設備や人員配置など一定基準を満たした施設の居室を高齢者の自宅とみなし、その施設職員による介護サービスを介護保険の居宅サービスとするもの(この施設を特定施設という)
※介護サービスは、特定施設の職員によりすべて提供されるのが基本
※有料老人ホーム、養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など


外部サービス利用型特定施設入居者生活介護とは
・実際のサービスは外部のサービス事業者に委託し、そこから提供される


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.12.07 04:55 | 介護保険 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険短期入所生活介護とは












管理者にだけ表示