福祉用具貸与と特定福祉用具販売

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0190_convert_20141205193939.jpg


福祉用具貸与と特定福祉用具販売について、ご紹介します。

福祉用具貸与とは
・要介護状態等の利用者がベッドや車いす等の福祉用具を必要とする場合、その貸与(レンタル)費用が保険給付されます。

福祉用具貸与の対象品目
1.車椅子、その付属品
2.特殊寝台(背上げ、足上げ、床板の昇降機能のついたもの)、その付属品
3.床ずれ予防用具(エアマット等)
4.体位変換器
5.手すり(工事を伴わないもの)
6.スロープ(工事を伴わないもの)
7.歩行器
8.歩行補助杖(1本杖は対象外)
9.認知症老人徘徊感知器
10.移動用リフト(身体を持ち上げる吊り具部分を除く)
11.特殊尿器(自動排泄処理装置)
※レンタルする場合の自己負担は費用の1割で区分支給限度額に含まれる

特定福祉用具販売とは
・福祉用具のうち、貸与(レンタル)が馴染まないものを特定福祉用具と言い、購入費用が保険給付の対象となります。
・この給付は、償還払いとなります。

特定福祉用具販売の対象品目
1. 腰掛便座(ポータブルトイレ、立ち上がり補助便座)
2. 特殊尿器(陰部にあて、排尿すると自動で吸引される器具)
3. 入浴補助用具(入浴用椅子、シャワー用椅子、浴槽用手すり、入浴用介助ベルトなど)
4. 簡易浴槽
5. 移動用リフトのつり具の部分

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.12.08 06:32 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度福祉用具貸与と特定福祉用具販売












管理者にだけ表示