介護老人施設の種類

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0127_convert_20141210080742.jpg


介護老人施設の種類について、ご紹介します。

介護保険制度における入所施設
1.介護老人福祉施設
2.介護老人保健施設
3.介護療養型医療施設
の3種類があります。

1.介護老人福祉施設とは
・介護を中心とした長期入所の生活施設
・日常生活の世話や介護、機能訓練、健康管理などを提供
・老人福祉法に基づいて設置される特別養護老人ホームが、介護保険法での指定を受けて運営
・設置できるのは、自治体か社会福祉法人のみ

2.介護老人保健施設とは
・医師の管理の下で看護、介護、機能訓練や必要な医療を提供する入所施設
・リハビリテーションを提供する点が特徴
・介護保険法に基づいて設置
・設置できるのは、自治体、社会福祉法人、医療法人等

3.介護療養型医療施設とは
・医療を重視した長期療養者への看護、介護を提供する医療施設
・療養上の管理や医学的管理下の看護、介護、機能訓練を行う施設
・医療法に基づく病院、診療所の療養病床、老人性認知症疾患療養病床のうち、病棟、病室単位で介護保険法の指定を受けて運営
・事業者は、医師(個人)、医療法人、社会福祉法人、自治体のみ
※この介護療養型医療施設は、2018(平成30)03月末で廃止されることが決まっていて、一部は、介護老人保健施設への移行が促されている

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2014.12.10 08:13 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度介護老人施設の種類












管理者にだけ表示