少子高齢化と要介護者

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0208_convert_20141219101651.jpg


少子高齢化と要介護者について、ご紹介します。

少子化
・日本人の平均寿命は延びる一方、出生率の低下により、総人口は、2060(平成72)年には、現在より約3割減少(8674万人)する見込み

高齢化社会と高齢社会
・高齢化社会とは、65歳以上の人口比率が、07パーセントを超えた社会
・高齢社会とは、65歳以上の人口比率が、14パーセントを超えた社会

日本の高齢化
・1970(昭和45)年、07パーセントに達した
・1994(平成06)年、14パーセントに達した

全人口における高齢者(65歳以上)の割合
・2013(平成25)年、4人に1人
予測では
・2035(平成47)年、3人に1人
・2060(平成72)年、2.5人に1人
※前期高齢者(65以上74歳以下)よりも後期高齢者(75歳以上)の増加が著しいのが特徴

要介護者等とは
・介護保険上の認定を受けた要介護者と要支援者

要介護者等の割合
・要介護者等は、約558万人で、高齢者人口(65歳以上)の18.1パーセント
・65歳以上69歳以下:2.9パーセント
・70歳以上74歳以下:6.0パーセント
・75歳以上79歳以下:14パーセント
・80歳以上84歳以下:29パーセント
・85歳以上:58パーセント
※2012(平成24)年10月現在
→要介護者等の割合は、加齢とともに上昇する

要介護期間の長期化
・3年以上要介護状態にある高齢者は、49.8パーセント
・1年以上要介護状態にある高齢者は、84.7パーセント
→介護の長期化と重度化が進んでいる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.12.20 07:30 | 人間と社会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ人間と社会少子高齢化と要介護者












管理者にだけ表示