被保険者の資格取得と喪失

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

047_convert_20130503120020.jpg



被保険者の資格取得と喪失について、ご紹介します。

資格取得時期
→介護保険の被保険者資格は、届出などの手続きは必要なく、以下に示す適用要件となる事実が発生した日をもって、資格を取得したとみなします。
1.年齢到達
・市町村の区域内に住所のある医療保険加入者が40歳に達したとき(誕生日の前日)
2.住所移転
・40歳以上65歳未満の医療保険加入者または65歳以上の者が移転し、市町村の区域内に住所をもったとき
※住所移転の場合、保険者が変わる
3.医療保険への加入
・市町村の区域内に住所のある40歳以上65歳未満の者が、医療保険に加入したとき
4.医療保険未加入者が65歳に達したとき
・市町村の区域内に住所のある40歳以上65歳未満の医療保険未加入者(生活保護受給者など)が65歳に達したとき(誕生日の前日)
5.適用除外でなくなったとき
・適用除外施設の入所者が退所し、適用除外に該当しなくなったとき

資格の遡及(そきゅう)適用
→被保険者資格に該当していなかにも拘わらず、保険者がその事実を確認していなかったなどの場合、資格取得の該当当日に遡って、その日から被保険者としての権利と義務が発生したものとします。

資格喪失時期
→介護保険の被保険者資格を喪失するのは、以下に示す場合です。
1.市町村の区域内に住所がなくなった日の翌日
2.医療保険加入者でなくなった日
3.死亡した日の翌日
4.適用除外に該当するに至った日の翌日



↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2014.12.30 07:50 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度被保険者の資格取得と喪失












管理者にだけ表示