介護保険審議会とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0186_convert_20141014221246.jpg


介護保険審議会について、ご紹介します。

介護保険審議会とは
・各都道府県に設置される
・保険給付や介護認定などに対する被保険者の不服申し立てを審査する
・委員は、市町村代表委員3人、被保険者代表委員3人、公益代表委員3人以上で構成される
・会長は委員による選挙で、公益代表委員から1人選任する
・委員の任期は3年で、再任されることができる
・委員の任命は都道府県知事が行う
・要介護認定、要支援認定に関する処分は、公益代表委員のみで構成される合議体で取り扱う※合議体とは、2人以上の人が集まって協議する集まりのこと
・要介護認定、要支援認定以外の処分は、市町村代表委員3人、被保険者代表3人、公益代表委員(会長を含む)3人の合議体で取り扱う
・保健、医療、福祉の学識経験者である専門調査員を置くことができる
・専門調査員の身分は、非常勤特別職の地方公務員で守秘義務が課せられる
・被保険者が処分の取り消しを裁判所に訴える場合、介護保険審査会の議決を経たあとでなくてはならない

不服審査
・介護保険審議会の不服審査は、市町村の業務に対する被保険者の不満に関して行われる
・介護保険審議会が都道府県に設置されるのは、市町村の業務に対する審理採決を行うためであるといえる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.02.03 05:25 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度介護保険審議会とは












管理者にだけ表示