居宅介護サービス計画費の減算

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0382_convert_20141104223546.jpg


居宅介護サービス計画費の減算について、ご紹介します。

居宅介護サービス計画費は以下の場合、減算される
1.運営基準減算:一定の運営基準に適合していない場合
2.運営基準減算が2ヶ月以上継続している場合
3.特定事業所集中減算:事業所で過去6ヶ月間に作成された指定訪問介護、指定通所介護、福祉用具貸与の提供総数のうち、同一の事業者によるものの占める割合が90%を超える場合

モニタリング・再課題分析
介護支援専門員は、利用者に生活課題の変改がみられる場合、再課題分析を行い、最初の手順と同様に居宅サービス計画書の作成を行う

介護支援専門員は、サービスが居宅サービス計画に基づいて適切に、また継続的に実施されているかをモニタリングする

居宅介護支援では、特段の事情のない限り、少なくとも1ヶ月に1回は利用者の居宅を訪問して面接し、少なくとも1ヶ月に1回はモニタリング結果を記録しなければならない

モニタリングを行うのと同時に、関係者から情報を得ることも重要である

再課題分析により、居宅サービス計画を見直す場合、サービス担当者会議を開き、専門的な意見を求める

更新認定や区分変更認定の際にも、介護支援専門員はサービス担当者会議を開かねばならない

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.02.05 05:30 | 居宅介護支援 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ居宅介護支援居宅介護サービス計画費の減算












管理者にだけ表示