介護予防ケアマネジメント

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0004_convert_20141003190915.jpg


介護予防ケアマネジメントについて、ご紹介します。

介護予防ケアマネジメント
・予防給付と地域支援事業で実施される
・地域包括支援センターが担当する
・要支援者と二次予防事業対象者向けのサービス
・利用者の自立に向けた目標志向型のプランを策定する

介護予防ケアマネジメントの視点
1.目標の共有と利用者主体のサービス利用
→利用者、サービス提供事業者の間で、生活機能向上のための目標を共有し、利用者の意欲を引き出し、主体的なサービス利用を薦める
2.将来の改善の見込みに基づいたアセスメント
→利用者の状態の変化に応じてサービスを調整し、定期的に見直す
3.明確は目標設定によるケアプランの設定
→個々の生活機能がいつまでにどの程度向上するのかなど、目標設定を明確にし、適切に評価する

具体的な注意点
1.現状で何ができ、何ができないのかを把握
2.支援を行うことで可能となる生活行為の予後予測、目標の設定
3.目標を実現するために必要な支援やサービスの検討

介護予防ケアマネジメントの対象者の傾向
・生活機能の低下が早期に発見し、集中的な対応を行う
・生活機能低下の原因や状態に見合った個別プログラムを用意する
・改善後でも状態維持できるよう支援する


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓


関連記事
2015.02.08 04:51 | 介護保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護保険制度介護予防ケアマネジメント












管理者にだけ表示