総蛋白、アルブミン、血清脂質とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0346_convert_20150307101637.jpg


総蛋白、アルブミン、血清脂質について、ご紹介します。

総蛋白とは
・血漿(けっしょう)中に含まれるアルブミン、グロブリンという蛋白(たんぱく)の総量
・高齢者は低下する傾向がある
・総蛋白の減少は、低栄養の目安となる

低蛋白血症
・低栄養、吸収障害、蛋白の漏出、蛋白の合成障害、水分貯留など
・ネフローゼ症候群、悪性腫瘍、糖尿病、悪性貧血、肝硬変など
高蛋白血症
・感染症、脱水、多発性骨髄腫、自己免疫性疾患など

アルブミンとは
・高齢者の栄養状態を調べるのに、最も有効や指標
・加齢により血清アルブミン濃度は低下する傾向がある
・2.5g/dl以下になると浮腫(むくみ)が現れやすくなる

血清脂質(血清コレステロール、中性脂肪)とは
・血清コレステロール、中性脂肪はいずれも加齢とともに上昇する
※血清コレステロール:HDLコレステロール、LDLコレステロール
・60から69歳でピークを迎え、やや下降傾向となる
・LDLコレステロールの増加は、動脈硬化の危険因子となる


HDLコレステロール(善玉コレステロール)
・余分なコレステロールを回収して肝臓に戻し、動脈硬化を防ぐ役割がある
・HDLコレステロールの低値は、虚血性心疾患の危険因子となる
・高齢者の正常下限値は、40ml/dl

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)
・血管に沈着し、酸化すると動脈硬化の原因となる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.03.09 00:24 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療総蛋白、アルブミン、血清脂質とは












管理者にだけ表示