主な検査

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0122_convert_20150312075607.jpg


主な検査について、ご紹介します。

1.胸部レントゲン(X線)検査
・映し出された陰影の判読によって疾患の診察をするもの
・肺炎、肺気腫、肺結核、肺がん、心疾患の有無を調べるのに有用
・さらに詳しい検査として、断層検査、CTスキャン、アイトソープがある

2.心電図検査
・狭心症、心筋梗塞など循環器系疾患の診断に用いられる
・生化学検査や超音波検査(エコー検査)と併用するとさらに精度が増す
・呼吸器疾患からくる循環器への影響をみるにも有用
・24時間測定するホルター心電図は不整脈を詳しく調べることができる
超音波検査
→超音波の反射を利用して臓器などを調べる検査

3.呼吸器機能検査
・呼吸器の機能を検査する
・肺活量、努力性肺活量は加齢により減少傾向があり、残気量は増加する

努力性肺活量
→息を最大に吸って、できるだけ一気に呼出したときの肺活量
・1秒量は、努力性肺活量のうち、最初の1秒間に吐き出された空気の量
・1秒率は、1秒量を努力性肺活量で割りパーセント表示にしたもの
※80歳以下の高齢者の場合、1秒率が70パーセント以下で異常と判断する
※喫煙は、1秒率を低下させる


4.頭部CT、MRI
・いずれも脳などの状態を断層写真で見る検査方法
・脳梗塞や認知症の発見に有用


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.03.12 08:01 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療主な検査












管理者にだけ表示