消化器系、腎臓、内分泌系の疾患(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0132_convert_20150316072950.jpg


消化器系、腎臓、内分泌系の疾患について、ご紹介します。

消化器系とは
・口腔(食事摂取)から肛門(排泄)までにかかわる消化・吸収機能器官
・消化吸収を助ける肝臓や腎臓も含む

1.胃潰瘍
特徴
・高齢者は、十二指腸潰瘍より胃潰瘍が多く、潰瘍が大きいのが特徴
・ヘリコバクター・ピロリ菌による慢性胃炎が原因

・高齢者に多く見られる非ステロイド性消炎鎮痛剤により潰瘍が発生

症状
・高齢者では、症状が乏しい場合が多く、消化管出血で気づくことも多い
・食欲不振や体重減少など非特異的症状にも注意する
・潰瘍穿孔(せんこう)ができても腹痛のなどの症状がないことがある

治療
・薬剤治療による胃酸分泌の抑制
・ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌
・生活習慣として禁煙する

ヘリコバクター・ピロリ菌
→感染すると胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんを起こす原因となる
→経口感染すると言われ、高齢者ではピロリ菌陽性の割合が高い

消化器官の加齢変化
→肝機能には大きな加齢変化はないが、感染や低栄養などにより高齢者の健康状態が悪くなるとすぐ低下する
→いったん肝機能が低下すると、薬物を代謝する能力も低下するため、薬物による副作用の一因となる場合がある


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.03.27 07:30 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療消化器系、腎臓、内分泌系の疾患(1)












管理者にだけ表示