消化器系、腎臓、内分泌系の疾患(5)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG5911_convert_20150331055358.jpg


引き続き、消化器系、腎臓、内分泌系の疾患について、ご紹介します。

5.脂質異常症
・血清中のLDLコレステロール値が140mg/dl以上、HDLコレステロール値が40mg/dl未満、中性脂肪知が150mg/dl以上のいずれの状態

症状
・一般に自覚症状はない

原因
・アルコール多飲、糖尿病、甲状腺機能低下症、腎疾患、薬剤の副作用など

治療
・原因疾患の治療で改善しない場合、薬物治療を行う

6.悪性腫瘍(がん)
・体の細胞が悪性化し、異常に増殖することによる疾患
・転移し生命にかかわるものを悪性腫瘍、生命に影響を与えない良性のものを良性腫瘍と呼ぶ
・加齢とともにがんの発症頻度は増す

臓器別の割合
・胃がん、肺がん、大腸がんの割合が多い
・胃がんは減少傾向、肺がん、大腸がんは増加傾向

症状
・臓器によって異なる

治療
・手術療法、化学療法、放射線療法
・がんの進行度、身体機能、本人の希望を考慮して治療方法を選択する

特徴
・若年者と高齢者では、がんの質に差はないとされているが、高齢者の方がターミナル期の痛みの訴えは少ないとされている
・末期には積極的治療はせず、緩和治療によって延命よりも苦痛を取り除く医療を中止とすることもある

7.早老症
・常染色体劣性の遺伝子疾患で、ウェルナー症候群が代表的

ウェルナー症候群
・20歳頃から白髪、脱毛、皮膚のしわなど老化に似た特徴が現れる
・若年性白内障、耐糖能異常、動脈硬化症、がんの発生も多く見られる

・平均死亡年齢は、40から50歳


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.03.31 08:55 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療消化器系、腎臓、内分泌系の疾患(5)












管理者にだけ表示