泌尿器疾患

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0049_convert_20150404090324.jpg


泌尿器疾患について、ご紹介します。

1.前立腺肥大
・膀胱の出口の尿道を囲むように存在する男性のみの臓器である前立腺が腫れた状態になる疾患
・尿道が圧迫されて排尿障害や排尿困難が起こる

症状
・50歳代から夜間の頻尿
・尿意の切迫感
・尿の勢いの低下
・症状は年齢とともに強くなり、進行すると閉尿となる

治療
・多くの場合、薬物治療で改善される
・日常生活に支障が出る場合、手術を要する

2.前立腺がん
・主に前立腺の外腺に発生するがん
・前立腺がんマーカー(PSA)の血液検査で早期発見できる

治療
・がんが前立腺の内部に留まっていれば手術が可能
・ホルモン療法
・放射線療法
・小線源療法(前立腺の中に、小さな放射線物質の粒を埋め込む療法)

3.尿路結石
・結石が腎臓を出て尿管に詰まる疾患
・強烈な痛みを生じる

治療
・体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

4.尿閉
・尿をつくる機能には問題がないが、何らかの原因で膀胱にたまった尿を排出できない状態
・前立腺肥大症、尿路結石、尿路感染症、神経障害、膀胱機能障害、薬剤の副作用などで起こる

治療
・尿閉を繰り返す場合、手術で肥大した前立腺を削る

5.尿失禁
・何らかの原因により、尿を漏らしてしまう状態

尿失禁の種類
・切迫性尿失禁
・腹圧性尿失禁
・反射性尿失禁
・機能性尿失禁


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.04.06 08:00 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療泌尿器疾患












管理者にだけ表示