認知症の評価方法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0297_convert_20150416074027.jpg


認知症の評価方法について、ご紹介します。

認知症か、また、その程度はどのくらいかを評価するために、以下に示す簡易知能スケールが利用されている

1.長谷川式認知症スケール(HDS-R)
・一般の高齢者から、認知症の高齢者をスクリーニングする目的で考案されたスケール
・質問、応答形式で、年齢、今日の日付、曜日、現在いる場所、言葉の復唱、簡単な計算といった質問内容9項目で検査する
・最高得点30点のうち、20点以下を認知症、21点以上を非認知症と判定

2.Mini-Mental State Examination(MMSE)
・認知症の簡易検査法として諸外国で広く利用されている
・施行時間は約10分で、最高総得点を30点とし、23点以下の場合、認知症を疑う

厳密には、認知症かどうかの診断を上記の検査結果のみで行ってはならず、診断基準として、一般に、アメリカ精神医学会作成のDSM-Ⅳ-TR(診断統計マニュアル第4版)または、WHO作成の国際疾病分類第10版(ICD-10)が用いられる

統計的にみた認知症
・日本における、65歳以上の老人性認知症の有病率は、約6.3%(男性5.8%、女性6.7%)
・有病率は加齢とともに上昇し、65~69歳では、100人中1~2人、85歳以上では、3~4人に対し1人
・最近の調査では、認知症の原因疾患で最も多いのは、アルツハイマー型認知症、次いで血管性認知症
・認知症高齢者数の将来推計では、2015年には345万人、2020年には410万人、2025年には、470万人以上になるとされている

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.04.17 07:57 | 認知症 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症認知症の評価方法












管理者にだけ表示