認知症高齢者への対応方法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0304_convert_20150416074124.jpg


認知症高齢者への対応方法について、ご紹介します。

認知症高齢者の介護の基本姿勢

認知症高齢者の介護では、以下に示すことを心がけます
1.高齢者を受け入れ、理解する
→仮に間違ったことを言っても、むやみに訂正したり、叱ったりしない
2.自尊心を傷つけない
→人生の先輩として、相手を尊重する態度や言葉使いに気を付ける。
→高齢者の人間的な感情を無視しない
3.高齢者のニーズやテンポに合わせる
4.安心感を与える
→柔軟性のある態度、温かみのある言葉使い、優しいスキンシップで接する
5.わかりやすく、具体的な話し方をする
→短く、はっきりと、優しく、具体的に馴染みのある言葉で話しかける
6.不安を与えない
→相手の生活歴や生活習慣を尊重し、大きく環境を変えるようなことはしない
7.高齢者のできることに合わせ、残存能力に働きかける
8.孤独にさせない

→高齢者同士の交流の場を設け、役割を見つけられるようにする
9.危険を防止する
→身体的障害は認知症を進行させるため、普段から健康管理に気を配る

認知症高齢者の転倒予防
・認知症高齢者は、高齢によって起こる筋力、敏捷性、平衡感覚の低下に加え、自分自身の心身機能への正確な判断ができなくなっているため、転倒や骨折のリスクが高くなっている
・転倒が発生する時間帯に規則性はなく、昼夜に渡って起こる危険性がある
・環境整備や介護方法の改善を図ると同時に、転倒、骨折を起こさないための支援を行う


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.04.18 05:41 | 認知症ケア | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ認知症ケア認知症高齢者への対応方法












管理者にだけ表示