高齢者の虐待

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0302_convert_20150416074225.jpg


高齢者の虐待について、ご紹介します。

介護家族の問題と高齢者虐待
・高齢者に認知症症状がある場合、家族の精神的・肉体的ストレスは多大なものとなる
・ストレスがひずみを生み、家族による高齢者虐待を起こすことがあり、問題となっている
・調査によると、特に認知症の後期高齢者が虐待を受けやすいことがわかっている


高齢者虐待の早期発見
・高齢者虐待は、家庭内に潜在化しやすい問題のため、注意深く観察し、早期に発見することが大切
・普段から、高齢者本人の身体、衣服、動作、表情や雰囲気などに変化がないか注意する
・介護者、家族、親族の様子、居住環境の変化にも気を付ける


高齢者虐待の早期発見のポイント
1.転倒、傷を繰り返している
2.いつも、よだれを垂らしていたり、もうろうとしている
3.身体にアザやみみず腫れなどが絶えずある
4.性器や肛門から出血がある
5.ひどく痩せて、おなかをすかせている
6.おむつが汚れていたり、褥瘡に適切な処置がされていない
7.預金や年金が引き出されているのに、生活費に困っている
8.介護者や家族に対しやたらとおびえ、人に会うことを嫌がる
9.普段は普通に話しができても、介護者や家族がそばにいると黙り込んだり、逆に怒ったり態度が変わる
10.部屋に鍵をかけられていたり、ベットなどに身体を固定されている


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.04.19 05:46 | 高齢者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者高齢者の虐待












管理者にだけ表示