高齢者の感染症

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0070_convert_20150423122019.jpg


高齢者の感染症について、ご紹介します。

感染症とは
→細菌、ウイルスなどの病原微生物が体内に侵入し、定着、増殖することによって起こる疾病
・病原体:感染した微生物
・感染者:感染した人
・保菌者:体内に菌をもっていても発病しない人

高齢者の感染症の特徴
→せき、発熱、腹痛といった症状が明確に現れないことがある
→食欲不振、無動、失禁、意識障害、脱水が見られることがある
→高齢者は免疫力が低下しているため、さまざまな病原体に感染しやすく、感染すると抵抗力の弱い臓器から発症していく

緑膿菌(りょくのうきん)
→敗血症などさまざまな感染症を引き起こす菌
→健康な人に感染することは少ない
→消毒剤や抗生物質に比較的耐性が強い
→免疫機能の弱まった高齢者などに多く見られる

感染症の予防
1.感染源、感染経路を断つ
→高齢者の衣食住、身の回りの清潔を図ることが大切
→食前の手洗い、うがい、口腔ケア
→病原体に汚染されたり、汚染の疑いのあるものは焼却か消毒する
2.抵抗力
→高齢者は免疫力が低下する傾向にあるため、抵抗力をつけるにはバランスのよい食事で栄養分を貯える
→休養、睡眠を十分にとることが大切
3.サービス提供に必要な情報
→胸部レントゲン、梅毒、B型肝炎抗原、C型肝炎抗体


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.04.27 08:50 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療高齢者の感染症












管理者にだけ表示