介護とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0028_convert_20150502220019.jpg


介護の考え方と転倒予防について、ご紹介します

介護とは
・その不自由な部分を補い、その人が少しでも自力でできるよう支援する行為
・できない部分を介助するという姿勢が必要
・本人のもつ残存能力を積極的に活用し、可能な限り自立できるように援助する

基本動作
・日常生活のなかで、寝た状態から起き上がり、立ち上がって歩くまでの動作
→寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、立位、歩行

日常生活動作(ADL)
・食事、排泄、更衣、整容、入浴、起居移動の6動作

手段的日常生活動作(IADL)
・家事(炊事、洗濯、掃除など)、買物、金銭管理、趣味活動、公共交通機関の利用、車の運転など

環境整備
→ADLやIADLの動作の援助に関しては、自助具や福祉用具を活用し環境を整備することも重要

転倒の要因と予防
1.転倒予防
・筋力の低下などで姿勢・体勢のバランスが悪い
・視力低下により危険箇所に気づかない
・認知障害などによる安全の判断の見誤り
・催眠剤や向精神薬など薬剤のい副作用による足元のふらつき、意識の不鮮明など
2.転倒予防の方法
・転倒の危険性を課題分析して、今までの転倒の履歴と転倒する要因、その状況を具体的に調査検討する
・転倒を起こしやすい環境要因を整備する
→照明、床、手すり、薬剤、家具の配置など

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.05.04 07:37 | 介護 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護介護とは












管理者にだけ表示