下痢、便失禁、尿失禁への対応

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0032_convert_20150502215828.jpg


下痢、便失禁、尿失禁への対応について、ご紹介します。

下痢
・85パーセント以上の水分を含む水様便が排出されること

下痢の原因
・腸管内の腐敗
・腸管のぜん動運動の亢進
・水分の再吸収の低下

高齢者の下痢の特徴
・消化性下痢が多い
→消化の悪いものや冷たいもの、脂肪分の多いものなどの食べ過ぎによる消化不良から起きる下痢

高齢者の下痢への対策
・腸への刺激や負担が少なく、消化吸収がよい食事にする
・高栄養のバランスのとれた食事で体力の消耗を防ぐ
・消化吸収に時間のかかる脂肪は制限する
・下痢によって失われる大量の水分を補給する

便失禁
・高齢者は加齢による肛門括約筋の弛緩にりより便失禁を起こしやすい
・便秘の調整のための緩下剤を飲むことにより便失禁に拍車をかけることがある


高齢者の排尿障害
・頻尿
・前立腺肥大に伴う排尿困難
・閉尿
・尿失禁
上記の中でも、尿失禁が最も多い

排尿チェックのポイント
・尿意の有無
・排尿の間隔
・尿量
・排尿の自制
・自発的排尿
・失禁のきっかけと状況
・失禁場所
・失禁後の気づき方

排尿動作のチェックポイント
・トイレまでの移動動作
・ベッドサイドまたはポータブルトイレへの移動動作
・下着の着脱動作
・便器に腰掛ける、立ち上がる動作
・排尿の後始末動作
・床上で便器(尿器)をあてる動作(寝たまま排尿の場合)


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓


関連記事
2015.05.09 08:53 | 介護 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護下痢、便失禁、尿失禁への対応












管理者にだけ表示