高齢者の睡眠

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0061_convert_20150510081911.jpg


高齢者の睡眠について、ご紹介します。

高齢者の睡眠の特徴
・不眠を訴えることが多い
・夜は早く眠るものの、睡眠が浅い
・夜間や早朝に覚醒する
・日中、居眠りすることが多い


睡眠状況の調査
・高齢者の不眠の訴えと実態は、必ずしも一致しない
・本人が不眠を訴えても、実際にはよく寝てることがある
1.日中の生活について
→規則性はあるか
→活動不足ではないか
→居眠りをしていないか

2.就寝前の状況
→コーヒー、お茶など興奮作用のあるものを飲んでいないか
→睡眠儀式の有無

3.入眠、睡眠状況について
→床に入って寝付くまでどのくらい時間がかかるか
→夜中に覚醒するか

4.不眠の原因となる症状や疾患の有無→夜間頻尿
→腰痛、関節痛などの疼痛
→皮膚の搔痒(かゆみ)
→高血圧症
→脳動脈硬化症
→認知症
→睡眠時無呼吸症候群

5.精神状況
→不安、心配ごと、興奮を誘う要素

6.就眠環境
→騒音、同室者のいびき
→寝具、照明、室温、湿度

7.薬物の服用状況
→向精神薬、睡眠薬など


睡眠の介護
1.日中の活動を多くする
→夜間の安眠のためには、日中に活動を十分に行うようにし、規則的な生活をする

2.就寝前の安眠対策
→入浴、足浴、半身浴
→水分摂取量の調節
→テレビや読書は、就寝前は避ける
→カフェインを含む嗜好飲料は避ける
→室温は適度に調節し、騒音は排除する


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.05.12 05:20 | 高齢者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者高齢者の睡眠












管理者にだけ表示