食事バランスガイド

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0052_convert_20150510081759.jpg


食事バランスガイドについて、ご紹介します。

食事バランスガイドとは
・2005(平成17)年、厚生労働省と農林水産省が合同で策定したもの
・食事の際、何をどのくらいの量をとればよいかを示したもの
・エネルギーや栄養素の選択方法を示す「日本人の食事摂取基準」をもとにくつられている
・食生活指針で示された改善目標を簡単に実践できるようになっている

食事バランスガイド
・食物を
→主食(ごはん、パン、麺など炭水化物
→副菜(野菜、いも、海藻など主にビタミン、ミネラル、食物繊維
→主菜(魚介類、肉類、卵、大豆製品など主にタンパク質
→牛乳、乳製品(主にカルシウム
→果物(主にビタミンC、カリウム、食物繊維
の5つの料理区分に分類し、一日にとるべき量の比率に合わせてコマの形のイラストに示したもの

このコマが倒れずに回転するように、料理例を参考にして食事量や内容を考える

コマの軸の部分には、水、お茶、が示され、水分摂取が欠かせないことが強調されている

さらに、運動することによって、コマの回転がよくなる

また、菓子・嗜好飲料は栄養摂取には必要ないが、適度に摂取することにより、毎日の食事が楽しくなることから、コマをまわすひもとして配置されている



↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
2015.05.18 05:37 | 食生活 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ食生活食事バランスガイド












管理者にだけ表示