栄養障害に関係した自他覚症状

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0020_convert_20150519092727.jpg


栄養障害に関係した自他覚症状について、ご紹介します。

一般症状
・低栄養
→食欲不振、吐き気、口唇・舌または肛門の腫張、眼球のかゆみ、倦怠、疲労、不眠症、抵抗力減退、感情的な混乱、手・足・舌の知覚異常、消化機能障害、労働後の一時浮腫など
・過剰栄養
→体脂肪増加、活動性の低下、疲労、動悸、息切れ、関節痛など

脈拍・血圧
・栄養失調
→脈拍減少(40回/分以下)、血圧は収縮期及び拡張期ともに降下

毛髪
→特に毛根の径が栄養状態を反映する


・ビタミンA、ナトリウムの欠乏→角膜に影響
・カルシウム、ビタミンB2、トリプトファンの欠乏→レンズに影響
・コリン欠乏、ビタミンA過剰→網膜に影響

舌および口唇
・鉄の欠乏→舌乳頭の委縮
・悪性貧血→舌がすべすべになる
・ビタミンB2の欠乏→口角炎


皮膚および粘膜
・ビタミンAの欠乏→角質増殖を伴う皮膚の乾燥症
・ビタミンB2の欠乏→脂漏性皮膚炎
・ニコチン酸の欠乏→身体の両側に対照的にペラグラ皮膚炎

軟骨および骨
・カルシウム、リン、ビタミンD、ビタミンA、マンガンの欠乏に影響を受ける

栄養性浮腫
→糖質に偏った食事かつビタミンB1欠乏、脚気
→血漿タンパク質低下により浸透圧の低下伴う場合
→エネルギー欠乏による飢餓浮腫

貧血
→鉄、タンパク質、総エネルギーの不足による

無月経
→極端な減食^などによる低栄養


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.05.20 09:26 | 食生活 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ食生活栄養障害に関係した自他覚症状












管理者にだけ表示