障害・疾患別の食事への配慮(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0015_convert_20150521043608.jpg


障害・疾患別の食事への配慮について、ご紹介します。

1.咀嚼・嚥下、上肢障害
→食べるための一連の機能に問題がある場合は、摂食状態を把握して調理方法や食形態を工夫する

2.精神障害・認知症
→食べることや食べたことを忘れたり 、食事の内容が偏るなど、摂食行動に異常が生じることがある。低栄養や過栄養、食事摂取量に注意し、適切な栄養補給を行う

3.便秘・下痢
→便秘は食欲減退による低栄養状態に注意する
→下痢は脱水にならないよう、水分補給に留意する

4.低栄養
→常に体重の変化や食事量の把握を行い留意する

5.運動不足
→動ける範囲が限られてしまうと、食堂ではなくベッド上で食事をとるなど食環境が固定され、運動不足になり食欲がなくなることがある。可能な限り家族と一緒に食事し食欲を増進させるようにする

6.低蛋白血症
→良質な蛋白質食品の摂取
→エネルギーの十分な摂取。糖質や脂肪の摂取量を増やして体重を落とさないようにする

7.肥満
→摂取エネルギーを抑えながら、すべての栄養素が不足しないよう工夫する
・低エネルギーの食事:推定エネルギー必要量より300~500kcal低い食事とし、1ヶ月に1~2kgの減量を目標にする
・栄養素を必要量確保する
・低エネルギーである食物繊維を十分にとる
・欠食や夜食を禁止し、規則正しく食事をとる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.05.21 07:28 | 食生活 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ食生活障害・疾患別の食事への配慮(1)












管理者にだけ表示