居宅療養管理指導の介護報酬

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0569_convert_20150411074115.jpg


居宅療養管理指導の介護報酬

区分
→担当者別、同一建物居住者以外か同一建物居住者か別に算定
加算
→疼痛緩和のために使われる麻薬などの投薬が行われている利用者に対して、薬剤師が必要な薬学的管理指導を行った場合
減算
→准看護師がサービスを提供した場合(看護職員あg行う療養上の相談及び支援)

介護予防居宅療養管理指導

1.介護予防居宅療養管理指導とは
→病院・診療所、薬局などの医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、看護職員が、要支援者の居宅を訪問し、介護予防を目的に、療養上の管理と指導を行うサービス
・病院・診療所、薬局、訪問看護ステーションが都道府県知事の指示を受けて、指定介護予防居宅療養管理指導事業者としてサービスを行う
#人員・設備・運営基準は、居宅療養管理指導と同じ趣旨の内容

2.介護予防居宅療養管理指導の具体的取扱方針のポイント
・医師または歯科医師の行う介護予防居宅療養管理指導では、介護予防支援事業者または介護予防サービス事業者にたいし、原則としてサービス担当者会議に出席して、介護予防サービス計画の作成に必要な情報提供・助言を行う
・医師または歯科医師は、利用者に対して、療養上の指導や説明を行うとともに、介護予防サービスの利用に関する留意事項、介護方法などについての指導・助言などを行う

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.06.26 06:33 | 保健医療サービス | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ保健医療サービス居宅療養管理指導の介護報酬












管理者にだけ表示