介護老人保健施設の介護報酬上の加算

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG7023_convert_20150826085338.jpg


介護老人保健施設の介護報酬上の加算

ターミナル加算
・入所者または家族等の同意に基づくターミナルケアに係る個別計画の作成が必須
・突然死などで本人の了解が得られない場合、算定できない

緊急時施設療養費
・緊急時等にやむを得ない事情により行われる医療行為につき算定できる

栄養マネジメント加算
・管理栄養士は、関連職種と共同して食事摂取状況や食事に関するインシデント・アクシデントの事例等の把握を行うこと
・常勤の管理栄養士を1名以上配置しなければならない
・管理栄養士は、医師、歯科医師、介護支援専門員その他の職種と共同して、入所者ごとに栄養ケア計画を作成し、その計画に従い栄養管理を行うこと

地域連携診療計画情報提供加算
・介護老人保健施設が地域連携診療計画に係る医療機関から利用者を受け入れ、当該計画の診療報酬を算定している病院に対して文書により情報提供をした場合に算定できる

経口維持換算
・医師等の指示に基づき、管理栄養士その他の職種が共同して計画を作成し、継続して経口摂取を勧めるための特別な管理を行った場合に算定できる

認知症専門ケア加算
・認知症の入所者に対して専門的な認知症ケアを実施した場合、また、認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲ以上の者に対して専門的な認知症ケアを行った場合に1日単位で算定できる

認知症行動・心理症状緊急対応加算
・認知症の行動・心理症状が認められるため在宅での生活が困難であり、緊急に入所することが適当であると医師が判断した場合に算定できる

口腔衛生管理加算
・歯科医師または歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、入所者に対し口腔ケアを月4回以上行った場合、算定できる


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.10.08 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策介護老人保健施設の介護報酬上の加算












管理者にだけ表示