精神疾患

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

021_convert_20130514234031.jpg

世界のメンタルヘルスへの取り組み

mhGAP介入ガイド
・2008年に世界保健機構(WHO)が開始したメンタルヘルス・ギャップ・アクション・プログラム(Mental Health Gap Action Program: mhGAP)
・精神衛生の関しての様々なGAP(格差)を是正することを目的に、プライマリー・ケアや一般病院など、精神保健専門家のいない保健医療の場でも質の高いメンタルヘルスケアを提供できるように作成された
メンタルヘルスアクションプラン 2013-2020
・第66回世界保健機関総会(2013年5月)において包括的メンタルヘルスアクションプラン2013-2020が採択された
メンタルヘルスの定義
・人が自身の能力を発揮し、日常生活におけるストレスに対処でき、生産的に働くことができ、かつ地域に貢献できるような満たされた状態である
ビジョン
・メンタルヘルスが尊重・促進・保護され、精神障害が予防され、精神障害に罹患した人々が人権を最大限に行使し、リカバリーを促進するために、質が高く、文化に適合した保健医療ケアと社会ケアを適時に受けることのできる世界を達成すること
目標
・精神的に満たされた状態を促進し、精神障害を予防し、ケアを提供し、リカバリーを促し、人権を促進し、そして精神障害を有する人々の死亡率、罹患率、障害を低減すること

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.05.04 05:00 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
191_convert_20130512230017.jpg

精神保健

予防精神医学
・カプランは、地域精神医学を「予防精神医学」と呼び、第一次予防、第二次予防、第三次予防という概念に分けて考えた
第一次予防
・精神障害をはじめとするメンタルヘルス不調の発生を未然に防ぐための取り組み
・健康増進や疾病予防のための「健康教育」や「保健指導」を行う
第二次予防
・病気を早期に発見し、迅速に適切な対応を取るための取り組み
・早期発見し、治療を受けることによって病気の重症化を防ぐ
第三次予防
・現在の病状を適切に把握・管理し、病気の重症化を防ぐための取り組み
・リハビリテーション等により機能回復を図り、後遺症の予防、社会復帰、再発防止を目指す
地域精神保健活動の3つの対象
積極的精神保健
・地域住民を対象として、こころや身体の健康維持、生きがいづくりを行う
支持的精神保健
・精神疾患に罹っている人や医療を中断しがちな人を支援する
総合的精神保健
・地域の精神障害者を支援するための拠点づくりやボランティアの育成等を行う
危機のプロセスモデル 
・フィンクは、危機を体験した人がたどる心理的プロセスを4つの段階で説明した
1)衝動:強烈な不安、パニック
2)防衛的退行:無関心、現実逃避、否認、抑圧
3)承認:無感動、怒り、抑うつ、苦悶、深い悲しみ
4)適応:不安の減少、新しい価値観


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.05.03 05:00 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
114_convert_20130508231635.jpg

精神保健

ライフサイクルでみられる精神保健
乳幼児期
・マタニティブルーズ
・産後抑うつ、産縟期精神障害、産後うつ、子育て不安
・母性の欠如、児童虐待
学童期
・自閉スペクトラム症、注意欠陥、多動性障害、学習障害、精神遅滞など
・不登校、いじめ
思春期
・非行、学校内暴力
・少年犯罪、薬物依存
・摂食障害、過換気症候群、自傷行為
・統合失調症、双極性障害
青年期
・性同一性障害(性別違和)
・社会的引きこもり、ニート
・モラトリアム、スチューデント、アパシー
壮年期・中年期
・うつ病、自殺
・アルコール依存、ギャンブル依存
・DV
・空の巣症候群
老年期
・認知症、要介護
・自殺
ストレスと精神の健康
・セリエは、ストレスを外部環境からの刺激によって起こる歪みに対する非特異的反応と考える
・ストレスを引き起こす外部環境をストレッサー、それによって生じる反応をストレス反応という
コーピング
・ストレス要因や、それがもたらす感情に働きかけて、ストレスを除去したり緩和したりすること
レジリエンス
・ストレス、病気などからの回復力
燃え尽き症候群(バーンアウト)
・仕事などでエネルギーや力を過度に使い過ぎることによって引き起こされる
・情緒的消耗感、脱人格化、個人的達成度の低下などがみられる
メンタリング
・経験豊富な年長者が若者と交流し、対話や助言によって自発的な成長を支援すること

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.05.02 05:00 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
032_convert_20130503115141.jpg

心理検査

人格検査
投影法
主観統覚検査(TAT)
・モルガンとマレーが考案
・動作途中にある人物や抱擁している男女、肖像画のようなスタイルをとる女性、人のいない風景などが描かれた31枚の図版から20枚を選択し、被験者に自由に物語ってもらう
ロールシャッハテスト
・コールシャッハが考案
・インクのシミは10枚の図番となって人格投影検査として用いられている
P-Fスタディ(絵画欲求不満テスト)
・ローゼンツァイクが考案
・日常生活における欲求不満場面が描かれた絵を提示し、その反応で、3つの攻撃型(外罰、内罰、無罰)と3つの反応型(障害優位型、自我防衛型、要求固執型)により分析し、人格を評価する
文章完成検査(SCT)
・投影法心理テスト
・あらかじめ書かれている未完成の刺激文の続きについて思いつくことを記述してもらう
その他
状態-特性不安検査(STAI)
・状態不安と特性不安を別々に測定する尺度で、各20項目ずつの質問に答え、自己採点もできる
ベントン視覚記銘検査
・図形を用いた記銘力検査
・視覚認知、視覚記銘、視覚構成能力を評価し、脳疾患の可能性を診断する
内田-クリペリン精神作業検査
・一列に並んだ数字を連続加算する作業を繰り返し、その作業速度の変化を示す作業曲線から、モチベーション度、緊張の持続性、注意集中度を評価し人格を診断する

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.05.01 07:33 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
CIMG9256_convert_20140209074746.jpg

心理検査

知能検査
ウェクスラー式児童用知能検査(WISC-Ⅳ)
・ウェクスラー,D.によって開発された、個別式の子ども用知能検査(5歳から6歳11ヶ月)
ウェクスラー式成人用知能検査(WISC-Ⅲ)
・ウェクスラー,D.によって開発された、成人用知能検査(16歳から89歳)
ビネー式知能検査
・ビネー,Aとシモン,Tが協力して作成した知能検査
・精神年齢を生活年齢で割って100倍し、知能指数を出す
コース立方体組み合わせテスト
・コースによって開発された知能検査
・各面が赤、白、青、黄、赤と白、青と黄に塗り分けられた1辺3センチの立方体を組み合わせて、難易度順に並べられた17問の模様を作る
人格検査
質問紙法
矢田部-ギルフォード(Y-G)性格検査
・ギルフォード,J.Pの人格特性理論に基づき、矢田部達郎によって作成された質問紙法の性格検査
・A型からE型の5つの性格特性に分けられる
ミネソタ多面人格検査(MMPI)
・精神医学的診断の客観化を目指して開発された質問紙法の人格検査
・個別でも集団でも実施できる
コーネル・メディカル・インデックス(CMI)
・身体的自覚症状の144項目(呼吸器系、心臓脈管系、神経系など12尺度)と精神的自覚症状の51項目(不適応、抑うつ、不安、怒りなど6尺度)からなる検査

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.04.30 05:00 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
DSC_0014_convert_20140208092022.jpg

心理(精神)療法

支持的精神療法
・患者の抱える悩みや不安などを受容し、共感しながら精神的にサポートすることで負担軽減を目指す療法
家族療法
・家族を一つのシステムととらえ、特定の家族メンバーに生じた症状を個人の問題とはせず、家族全体の問題としてとらえ、解決を図ろうとする療法
認知療法
・認知の歪みに対し、認知のパターンを自らが修正することを通して、不快な感情の改善を図る
・自動思考(何か出来事があったときに瞬間的にうかぶ考えやイメージ)を特定し、新しい別の考えを導き出していく
認知行動療法
・物事を解釈したり理解する仕方を修正する認知療法と、学習理論に基づいて行動を修正する行動療法を統合した療法
精神分析療法
・人の感情や思考などは無意識によって規定されていると考え、その無意識を意識化することで悩みから解放しようとする療法
内観療法
・吉本伊信により創始された日本独自の自己探求技法
・集中内観は、下界とのやりとりを制限し、他者に対して「してもらったこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」の3つの観点から内観し調べる
森田療法
・森田正馬により創始された神経症に対する心理療法
・神経症をあるがままに受け入れ、やるべきことを目的本位、行動本位に実行していく
・絶対臥縟期→軽作業期→重作業期→退院準備期に区分される
系統的脱感作法
・クライエントは、個別に作成された不安階層表をもとに、リラックスした状態下で不安の誘発度の最も低い刺激から徐々に刺激が増やされ、段階的に不安を克服していく
自律訓練法
・ドイツの精神科医シュルツによって創始された自己催眠法
・自己暗示の言葉を繰り返すことで心身がリラックスし、感情の鎮静化と自律神経系の安定が得られる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.04.29 07:34 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
064_convert_20140202041745.jpg

精神科専門療法

その他の精神療法
精神科電気けいれん療法
・全身麻酔下で、100ボルト前後の電流を頭部に短時間通電することを反復し、各種の精神症状の改善を図る療法
・統合失調症、うつ病などに対して行われる
適応疾患
・統合失調症、気分障害(うつ病、躁うつ病など)、パーキンソン症候群など
心身医学療法
・心身症の患者について、一定の治療計画に基づいて、身体的傷病と心理・社会的要因との関連を明らかにするとともに、当該患者に対して心理的影響を与えることにより、症状の改善または傷病からの回復を図る治療方法
・心身医学療法には、自律訓練法、カウンセリング、行動療法、催眠療法、バイオフィードバック療法、交流分析、ゲシュタルト療法、生体エネルギー療法、森田療法、絶食療法、一級心理療法および簡便型精神分析療法が含まれる
精神科作業療法
・精神疾患を有するものの社会生活機能の回復を目的として行う作業療法(作業療法士が行った場合に算定)
精神科デイケア
・精神科デイケア、精神科ショートケア、精神科ナイトケア、精神科デイナイトケア、重度認知症患者ケア
精神科医訪問看護・指導料
・当該患者を診察した精神科を標榜する保険医療機関の保健師、看護師、准看護師、作業療法士または精神保健福祉士を訪問させて、看護または療養上必要な指導を行わせた場合に算定する

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.04.28 05:00 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
031_convert_20140131091451.jpg

精神科専門療法

精神療法
入院精神療法
・入院中の患者に対して、一定の治療計画に基づいて精神面から効果のある心理的影響を与えることにより、対象精神疾患に起因する不安や葛藤を除去し、情緒の改善を図り洞察へと導く治療方法
通院・在宅精神療法
・入院中の患者以外の患者に対して、精神科を担当する医師が一定の治療計画のもとに危機介入、対人関係の改善、社会適応能力の向上を図るための指示、助言などの働きかけを継続的に行う治療方法
標準型精神分析療法
・口述による自由連想法を用いて、抵抗、転移、幼児体験等の分析を行い解釈を与えることによって洞察へと導く治療法
その他の精神療法
入院生活技能訓練療法
・入院中の患者であって精神疾患を有するものに対して、行動療法の理論に裏付けられた一定の治療計画に基づき、観察学習、ロールプレイ等の手法により、服薬管理、再発徴候のへ対処技能、着衣や金銭管理等の基本生活技能、対人関係保持能力および作業能力等の獲得をもたらすことにより、病状の改善と社会生活機能の回復を図る治療法
認知療法・認知行動療法
・入院中の患者以外のうつ病等の気分障害の患者に対して、認知の偏りを修正し、問題解決を手助けすることによって治療することを目的とした精神療法

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.04.27 06:51 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |